2016年03月28日

「カツ」は脂肪で「丼」は糖質で間違いない?





コロンボです。こんにちは。今日も「美」と「健康」の情報をお届けしたいと思います。

頻繁に放送されているW特保の飲料のCM、色んな食品を取り上げて「脂」と「糖」の両方の吸収を抑える効果を謳っています。

今のCMで取り上げているは「カツ丼」です。

カツ丼はご飯がたっぷり使われているので、どうしても糖質を多く摂ってしまいます。

その糖質の吸収を抑えてくれる便利な飲み物です。

糖質の吸収が穏やかになれば、血糖値の上昇度合いが緩やかになります。そうすればインシュリンの出方も穏やかになり、血糖を脂肪として蓄積するのも抑えられます。

さてこのCMでは、「カツ丼」のカツは脂肪、丼が糖であると説明しています。

それは正しいのですが、加えて知っておいて欲しいことがあるのです。

カツ丼の「カツ」は、しっかりと衣に包まれています。

「カツ」の衣は小麦粉とパン粉が使われていますから、糖質が結構含まれていることになります。

親子丼や牛丼では上の具の部分に衣が使われていませんが、「カツ」になると事情が違ってきます。

「糖質制限のカリスマ」高尾病院理事長の江部先生のブログを参照させていただきますと、カツ丼のカツの衣の糖質量は約20gだそうです。

糖質量20gというのは「スーパー糖質制限」では1食の目標糖質量ですから、カツの衣だけでその上限に達してしまいます。

カツ丼の「カツ」は脂肪だけでなく糖質も結構あるのです。衣でも糖質量は侮れません。

どうしても食べたかったら、その後の食事ではいつもより糖質を控え、トータルで糖質量を減らすように調整するように気を付けてください。




posted by top at 10:38| 大阪 ☀| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

カロリーはハーフでも





コロンボです。こんにちは。今日も「美」と「健康」の情報をお届けしたいと思います。

私はコーヒーが大好きで、一日に数杯飲みます。

常にブラックだと飽きが来て、変化が欲しくなる時があります。

でもお湯を入れたらカフェオレになるようなものを飲むと、糖質をたくさん摂ってしまいます。

そこでカフェオレ飲料でも糖質の少ないものを少し入れて、そこにインスタントコーヒーを足して飲むことがあります。

これがどれくらいの糖質量になるかは、カフェオレ飲料に含まれる糖質量によりますので、少しでも少ないものを選択します。

しかし「糖質オフ」の商品は見かけません。「カロリーハーフ」なら数種類置いてあります。

さて「カロリーハーフ」とは、どういうことでしょうか。

もちろんカロリーが半分だということですが、何を基準に半分なのでしょう。

例えば「ブレンディー」の「スティックカフェオレ」で確認してみましょう。

ホームページで確認すると

1本当たり:12g
エネルギー:60kcal、たんぱく質:0.7g、脂質:2.8g、炭水化物:7.9g、ナトリウム:37mg、カフェイン:54mg

となっています。

では次は「スティックカフェオレ」の「カロリーハーフ」はというと

1本当たり:6.1g
エネルギー:25kcal、たんぱく質:0.55g、脂質:1.6g、糖質:1.5g、食物繊維:2.0g、ナトリウム:46mg、ショ糖:0g、カフェイン:51mg

となっています。

「カロリーハーフ」でない普通の商品は「炭水化物」でしか数字を記していません。しかし「カロリーハーフ」の方は「糖質」と「食物繊維」に分けて記してあります。

糖質1.5gと食物繊維2.0gを合わせて3.5g、炭水化物量で言えば7.9gの半分以下となっています。糖質量がカロリーハーフでない方の数値が明らかになっていませんが、半分以下になっているのではないでしょうか。

「カロリーハーフ」の方は、たんぱく質:0.55g、脂質:1.6g、糖質:1.5gですから、2.2kcal+14.4kcal+6.0kcalで22.6kcal

「カロリーハーフ」でない方は、たんぱく質:0.7g、脂質:2.8gですから、2.8kcal+25.2kcalで糖質以外で28.0kcal、糖質で17.2kca以上あれば、カロリーは半分以下となります。糖質4.3g以上だということになります。

それはそうと、「カロリーハーフ」の方の糖質量は1袋1.5g、これが重要です。

ダイエーにはイオンの「TOPVALU」商品でカフェオレ カロリーハーフという商品が売っていました。

同じく「カロリーハーフ」の「カフェオレ」商品なのですが、糖質量はどうでしょう。

箱の記載内容を確認してみますと、
たんぱく質:0.7g、脂質:0.5g、糖質:4.8gですから、2.8kcal+4.5kcal+19.2kcalで26.5kcalです。

カロリーを比較すると3.9kcalほどこちらの方が高い数値ですが、それほど大きな差はありません。

では糖質量はどうでしょうか。

実はかなり大きく差がついています。ブレンディのカロリーハーフの3倍以上の糖質量なのです。

カロリー量は大きな差が無くても糖質量には大きな差があることが分かります。

購入する商品をよく見て良い選択をしてくださいね。




posted by top at 13:06| 大阪 ☔| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。