2017年04月29日

野菜は体に良いし太らない!?それは違います!





コロンボです。こんにちは。今日も「美」と「健康」の情報をお届けしたいと思います。

「野菜は体に良い」そう考える人はたくさんいらっしゃると思います。

体に必要な「ビタミン」や「ミネラル」「酵素」などの栄養素が野菜から摂ることが出来るからです。

人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれているから、もちろん体には良いですね。

では「肉」や「魚」はどうでしょうか。

野菜ほど「体に良い」とは言われてない気がしますが、人間の体に必要な栄養素は「肉」や「魚」にも含まれています。

「肉」や「魚」も体に良いということにならないでしょうか。

「糖質制限」の視点で考えてみましょう。

「肉」や「魚」は糖質がほとんど含まれていないので安心です。

かえって「野菜」の方が注意が必要ですね。野菜によっては糖質がたっぷり含まれているからです。

食べて甘みのある野菜は、やっぱり糖質が多いんです。

典型例は「さつまいも」「かぼちゃ」などです。

「さつまいも」以外にも「でんぷん」を多く含む芋類は総じて糖質が多いですね。

典型例は「じゃがいも」「さといも」などです。

逆に糖質が少ない物で言えば葉物野菜です。全体的に甘みは強くないですよね。甘味が強くない野菜は総じて糖質が少ないのです。

この例のように「糖質制限」では、野菜には安心して食べられるものとそうでないものがあります。

「野菜は体に良い」という考えは正しいと思いますが、「野菜」の方が「肉」や「魚」を食べるよりも、糖質を多く摂ってしまう可能性が高いということです。

「野菜は体に良い」と考えて盲目的に野菜を摂れば、糖質制限ダイエットの妨げになります。

野菜の種類に注意して、糖質の摂り過ぎを防いでいただきたいと思います。




posted by top at 15:47| 大阪 ☀| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

「ダイエット」でそんなムキムキになる?





コロンボです。こんにちは。今日も「美」と「健康」の情報をお届けしたいと思います。

私は「糖質制限」とともに「筋トレ」も継続的に行っています。

毎日ではありません。自重トレーニング中心に週に2〜3回程度、筋肉を休ませることも意識しながら行っています。

ブログでは「筋トレ」が「ダイエット」に効果的であることを書いてきました。

しかし、「ダイエット」することと「筋肉が付く」ことは明らかに違いますよね。

そんなこと、誰でも知っていると思いますが、念押しです。

なぜそんな念押しをするかと言うと、インターネットに出てくる「ダイエット」の広告には「筋肉隆々」の画像がよく貼られていると思うからです。

「糖質制限」をして、「ダイエット」出来たとしても、それだけでは「筋肉が付く」ことはありません。

ダイエットのサプリを飲んで、「ダイエット」出来たとしても、それだけで「筋肉が付く」こともありません。

確かに、腹筋は誰でも6パックになっていると言われます。ですからお腹周りの脂肪が落ちたら、6パックになれることはなれます。

私も「糖質制限」をストイックに徹底して実践した時期は、お腹周りの脂肪がすごく落ちて、おへそがシャツに擦れて痛かったことがありました。

そこまで行くと確かに6パックと言えば6パックです。

ただ・・・「ダイエット」するだけでは、画像に使われているような筋肉ムキムキの体にはならないだろう・・・って思うわけです。

それくらい、なぜかマッチョボディの画像が貼られていることが多いのです。

よく見かけるライザップさんのテレビCMの影響かも知れませんね・・・

ライザップさんは「筋トレをしてダイエットする」という手法を取っているからであって、筋トレをしなければ筋肉は付きません。

ただ・・・体の脂肪が取れてくると、腹筋を始め、筋肉がきれいに体に出てきますから、「筋トレ」するが楽しくなってきます。

「ダイエット」には「筋トレ」もうまく組み合わせることをお勧めします!




posted by top at 17:29| 大阪 ☁| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

糖質オフを売りにしたメニューが増えてますね!





コロンボです。こんにちは。今日も「美」と「健康」の情報をお届けしたいと思います。

朝の情報番組、お出かけ前に天気予報や交通情報を知ることも出来るありがたい番組です。

ご覧になっている人も多いと思います。「食レポ」もよくやっていますね。

ちらっと見ると「食レポ」で「低糖質メニュー」の特集をやっていたので、興味津々で見てみました。

「糖質制限」もかなり普及が進んできたので感慨深いです。食事に行ってそこで「低糖質メニュー」が提供されているとテンションが上がります!

その「食レポ」で紹介されていた低糖質メニューは、

・ハンバーガーのバンズの糖質が50%オフ
・ショートケーキの糖質が87%オフ
・どらやきの糖質が85%オフ
・汁なし担々麺の糖質が30%オフ

など色々ありました。多少の数値の違いはあるかも知れませんがお許し下さい。

どれもすごく興味があります。中には見たことのある商品や食べたことのある商品も紹介されていました。

ただし、実際に「糖質制限」に取り組むのであれば、「食レポ」の情報だけに踊らされないで下さい。

自分で見て、自分で判断出来るようになって欲しいと思います。

はっきり言って「○○%オフ」と言う情報は、インパクトは有ってもそれだけでは「糖質制限」の情報としての価値はあまり有りません。

もともとの糖質量が多ければ、オフしたって多いかも知れません。

例え「ハンバーガーのバンズの糖質が50%オフ」と言われても、このハンバーガーを食べたらどれだけの糖質量を摂取するのかが分かりません。

お店に行けばきっと確認は出来るのだと思いますが、それほど少なくなっていない気がするんです。

バンズは確かに糖質量は多いでしょうから、50%オフしたらそれなりに糖質摂取量は減るでしょう。

しかしバンズに挟んでいる中身には、甘いソースや衣付きのカツ、一緒に挟んでいる野菜や果物など、糖質量が気になるものが色々あります。

具体的に糖質量がどれだけなのか、という情報が「糖質制限」を実践する上では不可欠です。

考えてみて下さい。

「糖質量50gの商品が糖質50%オフ」と「糖質量30gの商品が糖質30%オフ」どちらが糖質量が少ないでしょう。

糖質量50gの50%オフは25g、糖質量30gの30%オフは21g、です。

計算すれば明らかですが、50%オフのインパクトに引きずられることが起こり得ます。

そもそも、もともとの糖質量が何グラムか分からないと計算も出来ません。

○○%オフの数字だけに誤魔化されないように注意しましょう!




posted by top at 08:36| 大阪 ☁| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。