2017年10月18日

糖質制限ダイエットの簡単な始め方をご紹介します





コロンボです。こんにちは。

話題のビットコインを買ってみました。少ない額から簡単に始められますよ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

では、今日も「美」と「健康」の情報をお届けしたいと思います。

「糖質制限ダイエットを始めてみたいけど、どこから手を付けて良いか分からない」

今日はそんな風にお考えの方向けに、簡単な始め方をご紹介したいと思います。

「ご飯を減らしておかずを増やす」

簡単に言ってしまうと、これに尽きます!

もう少し詳しく言うと

「主食を減らしてタンパク質のおかずを増やす」

ことです。

ご飯を食べないで(あるいは減らして)代わりに豆腐を食べる、と言う食習慣にするだけでかなりの糖質量が抑えられます。

ご飯一膳には50g以上の糖質量が含まれていますから、これだけでかなり減らせます。

方法としてはこのように実に簡単です。ただ「ご飯が好き」な人が多いので、全く食べないのが辛ければ半分にするところから始めてみてください。

そのうち、食べ物の糖質量が分かるようになれば、主食以外に減らすべき食べ物が分かってきます。

代表的なものは「芋類」です。「さつまいも」「じゃがいも」など、どこの食卓にも並ぶ頻度が高いと思いますが、避けるべき食べ物です。

では「糖質が少なくて安心できる野菜」と言えば「ほうれん草」「小松菜」「ブロッコリー」などになります。

慣れてきたらおかずの中身を置き換えることも実行して下さい。

そのためにはある程度食べ物ごとの糖質量を把握しないといけませんので、まずは「主食を減らしてタンパク質のおかずを増やす」ことから始めてみて下さい。




posted by top at 14:30| 大阪 ☁| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

ご飯のないお弁当!?





コロンボです。こんにちは。今日も「美」と「健康」の情報をお届けしたいと思います。

先日、忙しくて昼食をゆっくり取る時間が無くて、移動しながらどんな風に食べようか考えていました。


「すき家」で「牛丼ライト」を食べようか、それともコンビニでチキンとサラダでも買おうか、そんな事を考えながら駅の出口から外に出たところに「お弁当屋さん」を見かけました。

ビジネス街でのお弁当販売もよく見かけますし、珍しくもないのでちらっと見て通り過ぎようとしたのですが・・・

「あれっ?お弁当箱のほとんどをおかずで占めてたような・・・」と思って戻って確認してみました。

そうなんです。お弁当がおかずばかりで、しかも糖質の少ないものが多くを占めています。

例を上げると「鶏の唐揚げ、ハンバーグ、目玉焼き、キャベツの千切り」こんな感じ。

「どこにご飯があるんだ!?」目を皿のようにして見ても、入っていません。

ほとんどがおかず、ではなく、全部おかず、なんです。

「それなら買ってみようじゃないか」と思って買いました。

そしたらお店の人が私に聞くんです。「お味噌汁かふりかけが付きますがどちらになさいますか?」

あれっ?ふりかけ?と思いながら「お味噌汁」と応え、ビニールの手提げに入れてくれた弁当の中身を見ると、白いものが入ったプラパックがありました。

そうなんです。それがご飯なんです。店頭が狭いので並べてなかっただけなんです。

そりゃそうですよね。糖質制限の普及はそこまで進んでないです。

でも考えたらご飯を残して家に持って帰るのも、別パッケージに入ってたら持って帰りやすいです。

それに比較的ご飯は少なめ。「感心感心」一人で納得し、ご飯は家に持って帰りました。

そのうち本当にご飯無しのお弁当に出会えることを期待しています。




posted by top at 15:39| 大阪 ☔| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月29日

野菜は体に良いし太らない!?それは違います!





コロンボです。こんにちは。今日も「美」と「健康」の情報をお届けしたいと思います。

「野菜は体に良い」そう考える人はたくさんいらっしゃると思います。

体に必要な「ビタミン」や「ミネラル」「酵素」などの栄養素が野菜から摂ることが出来るからです。

人間の体に必要な栄養素がたっぷり含まれているから、もちろん体には良いですね。

では「肉」や「魚」はどうでしょうか。

野菜ほど「体に良い」とは言われてない気がしますが、人間の体に必要な栄養素は「肉」や「魚」にも含まれています。

「肉」や「魚」も体に良いということにならないでしょうか。

「糖質制限」の視点で考えてみましょう。

「肉」や「魚」は糖質がほとんど含まれていないので安心です。

かえって「野菜」の方が注意が必要ですね。野菜によっては糖質がたっぷり含まれているからです。

食べて甘みのある野菜は、やっぱり糖質が多いんです。

典型例は「さつまいも」「かぼちゃ」などです。

「さつまいも」以外にも「でんぷん」を多く含む芋類は総じて糖質が多いですね。

典型例は「じゃがいも」「さといも」などです。

逆に糖質が少ない物で言えば葉物野菜です。全体的に甘みは強くないですよね。甘味が強くない野菜は総じて糖質が少ないのです。

この例のように「糖質制限」では、野菜には安心して食べられるものとそうでないものがあります。

「野菜は体に良い」という考えは正しいと思いますが、「野菜」の方が「肉」や「魚」を食べるよりも、糖質を多く摂ってしまう可能性が高いということです。

「野菜は体に良い」と考えて盲目的に野菜を摂れば、糖質制限ダイエットの妨げになります。

野菜の種類に注意して、糖質の摂り過ぎを防いでいただきたいと思います。




posted by top at 15:47| 大阪 ☀| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする